無能に気付いた日。

外は真っ白。道路はツルツルでスケートリンクみたい。冬は誕生日やクリスマスがあって

イベント事は大好きなのだけど 車の運転が好きな私はどうも既に春が恋しいです。

先月位から、いや、もうちょっと前くらいからかな、 とても辛い気持ちになってしまって。

こんな想いは、10代の時に感じた以来かもしれない。タイトルにも付けたけど要するに、自分の未熟さというか無能さに気付いてしまったんですよね。

あまりに恥ずかしくなって、悲しくなって。

涙が溢れました。今迄たったの数年だけどこうやって北海道のシーンを中心に活動してきて。

「あそび」でやれてるなら良かったのだけど

私はもういつからか、お金を頂いてプロとして歌わせて頂いてる現在。お金を頂いて、ライブに出たり、曲を作ったりしている立場。それなのに、私はどうしてこうも無能なのか、と。

もうそれはそれは余りにも辛い事で、何日かの記憶が無いほどです。ただただ、今までもっともっと卵の期間を含めるともう20年位、本格的に色々学びだしてからも既に10年は余裕で経っているんです。それなのに、こうも、、、無能なのか、と それはもう絶望でした。

こんな事を書くとすごくネガティヴみたいに感じられるかもしれないけど、

そうではないですからね、念のため。

(まあここを読んでいる時点で私のことをある程度理解してくれている方だと思いますが(笑))

今までも気付いてなかったわけではない。

だけど、自分の良いところに焦点を向けていたら、いつの間にかその悪いところが見えなくなっていたんです。

それが、一気にドバドバと来た。

この年末にかけて。

こんなに無能なら、いっそ音楽を辞めて

普通の仕事に就いた方が良いのではないか。

家庭に入って専業主婦になった方が良いのでは?そんな気持ちにもなりました。

がしかし、思い返してみれば

沢山の出来事が有って、それを一つ一つの乗り越えて来た自分がいるのも確かです。

コンサートで、涙している人が居たことも紛れも無い真実です。私の声が良いと仰ってくれて、各方面からオファーがあるのも確かなことです。

そういった歌が、何百何千回と歌って来て、

数回でも有ったとしたら.........

それは間違いなく......「まぐれ」だったのです

そこを、全く馬鹿な私は、自分の実力と勘違いしていた。 去年ワンマンをやり切れたのも、「まぐれ」です。あとは、本当に心からの皆の涙ぐましい協力があったから。

私は、無能なまま、あの舞台に。

しかし、気持ちだけは本物でしたけれど。

誰にも負けない強い想いがありましたから。

そして、毎月オファーがあればイベントやライブに出て、曲を提供して、私のことを好きと言ってくれてる方がCDやDVDを購入してくれる。 そうやって、自分で食べて行く分くらいはこなしてしまっていたから、純粋な気持ち過ぎて何も気付いていませんでした。多分、皆さんも、私の「歌が好き!!!!!」という強い気持ちに、惑わされていたのではありませんか?(笑)

どん底に陥りました。

いつもポジティブ思考過ぎて、

こんなのは本当にはじめて。

こんなに無能で歌もヘタで、才能が無いのなら

辞めた方が良い 本気でそこまで思いました。

前置きが長くなりましたが

私は基本、ピアノを弾くのが大好き。

歌を歌うのはもっと好き。

毎日の練習は、全く苦では無いと感じていたんです。家族が放っておいてしまえば平気で朝から夜までやっている、そんな感じでした。

でも、それが駄目だったんです。

それに気づいてしまった。

要するに、歌う事が、ピアノを弾く事が好き過ぎて、毎日の練習が苦じゃない。

と言うことは、私は全く練習になってない(0とは言い切れませんが)事を、ここ何年もやっていたんです。ただ好きな曲を、歌いたいものを。作りたいものを。ただやりたいようにやる。感性だけで曲を作る。それが、駄目だったんです。

その事に、とうとう気づく事が出来たんです。 

勿論、決して楽しくはないトレーニングも毎日必ず取り組んでいましたが、

そもそも!

そのやり方自体が間違っていたんです!

人ってなかなか、

自分が長年信じてやって来た事を疑えないです。

「まさか、10年以上やって来てんだよ!

間違ってるわけがない」そう思いたいものです。

最終的に「音楽を辞めたい」とまで思うくらいのどん底まで落ちたとき、私の心の声が明確に聞こえてきたんです。「うたいたい。」

その時、世界が前にも増して、輝いてみえてきました。もう無理とまで思ったのに。

そして私自身も、とても輝いてみえてきたんです。だって、まだ何も知らない。

まだまだ、成長出来る。

する。 

そういう想いでいっぱいになり、

たまたま人脈にも恵まれて。

正直ここまでどん底に落ちなければ、

一生気付かなかった事かもしれません。

一生、感覚だけで音楽をやっていったのかもしれません。そもそも、感覚だけって一体何?って話ですが、今までお恥ずかしくて話せなかった事なのですが、、、

私は、実は...

殆ど楽譜が読めず、

音楽理論もまるで知らないのです。

作詞も、作曲も独学でというか

学ぶ事すら無く 本当に感覚だけでここまでやってきた。。。びっくりですよね💧

でも本当の話です。

ボーカルだけは、沢山の恩師に恵まれて 13年間、本格的に学んできたつもりです。それでも間違った認識が多くあり。

今、心から幸せです。

毎日が楽しくてしょうがない。

自分が何も知らないと気づけたから。

だから、楽譜も読めるようになりたいし、

もっともっと基礎を勉強したい。

歌が上手くなりたいし、

音楽そのものをもっと愛したい。

1週間前にできなかった事が、今日は出来ていたりする。真剣にコツコツとやれば、

出来るんですよね。

人って。誰でも。

でもなあ、小さい時ちゃんとソルフェージュを真面目にやっていれば、

こんな苦労はしなくて済んだのに...(笑)

って想いはやっぱりありますけどね(苦笑)

改めて、決して馬鹿にする事なく、

私に色々を与えてくださる恩師の皆さんに感謝致します。

そして、私も、誰かが成長したりするシーンで、決して悲観的になったり攻撃的になったりせず、的確なアドバイスや、助言を出来る人間になれたら良いな。憧れです。

今年一年分のブログ整理しました。

「その7」まで いったことにビックリ。

自分が思ってた以上に、

沢山の出来事がありました。

ブログを読めば、昨日の様に思い出せる。

長いけど読んでみてね。(笑)

そして、親愛なる、ファン(チームMOA)

の皆様。今年も沢山の愛をありがとう。

私からも、きちんと形にして、その愛をまた来年も返していきたいと思っています。

そのためにも。リセットできたことは、

神さまからのこの上ないギフトです。

気づけた私も。

アンテナが老化してなくてよかったあ。

偉い!お疲れ様。

内田もあ

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© MOA UCHIDA