© 2017 by MOA UCHIDA. WATAGUMO>MOJA>

June 6, 2019

January 12, 2019

March 24, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

令和元年。

June 6, 2019

新しいはじまり。
令和元年初の内田もあのライブは
渋谷シダックスホールで行われた。
振り返ると、本当にいろんな事があった。
当日はとても楽しく、
歌いながら沢山のことを思い出した。

とうとう限界が来て
(もうとうの昔に限界だったのだけど)

令和元年から正式に、
マネージャーさんが就任しました(拍手)
ウェブストアスタッフ、運営スタッフ、
名古屋支部(?)社長、
イチナナ専属マネージャーも
全力で頑張ってくれています。


こっちに来てから色々環境が変わり
引っ越し早々から
全国ツアー、5周年、
そして今回のワンマンと止まる暇もなく
やってきたのですが、

素晴らしいミュージシャンと一緒に
ステージに立つことは、
普段ひとりで見てる世界とは
全く別のものを見ることができました。

リハや打ち合わせで色んな気づきがあり、
悩んだ時や落ち込んでる時は
パワーのある言葉をくれて
私を励ましてくれました。
私もみんなが同じように悩んでたら
パワーのある言葉をたくさんあげたいなって
思ったし、最高のミュージシャンは
やっぱり中身もいい。
感化されてばかりの日々でした。

演奏やアレンジのアイデアは
私以外のみんなが出し合ってくれて、
ああでもないこーでもない
いいつつ 出来上がってく工程を見ながら
私はひとり楽譜の裏に
ずっと絵を描いてたり(裏話1)
ゲネプロはちょこちょこお菓子休憩入れても
優しく付き合ってくれて
全員神対応で最高でした。

歌に関しては本当に繊細な所まで
頑張ったつもりだったけど
やっぱり本番は練習通りには行かず。
日々、努力あるのみです。


あれは去年の1月、
憧れの方に
とうとう私も対面出来る日が来ました。

その方の書いた本を何年も、
何十回も読み返しては感動し
試行錯誤していた日々。
まさかの本人と
お会い出来る日が来るなんて。

その時からまた新たに、
私の歌に対する想いは
変わり。。。

全然思うようにはいかないんだけど
その出会いから日々の積み重ね、
アドバイスあっての
518ライブだったなあ、と
先生が居なかったら、
ああいう風には歌えなかったです。
また別の機会にご紹介させてください。
東京移住のきっかけも、
先生に出会ったからでした。
背中を押されたというより、
手を引っ張られた感覚でした。笑


ローカダートゥのリリースは
本当に本当に嬉しくて...
普段応援してくれてる皆様のおかげです。
心から感謝致します。
その思いで、終始胸がいっぱいでした。

私自身は
年々心身共にナチュラルになってきていて、
衣装は盛れればOKっていう考えから
今回はすごくラフにやらせていただきました。

「ローカダートゥのジャケ写の衣装どこのですか?」女性の方から問い合わせを多数頂いたのですが
某ファストファッションブランドで
"3000yan"でした。
真似っこして買ってくれた方もいて
めちゃくちゃハッピー!

背伸びしない自分でLive出来たことが
心から楽しかったし嬉しかった。

そして、
終演後の物販もあの長い列を並んでくれた
みんな...ありがとう!

優くんありがとう!
スタッフさんたちありがとう!
バンドメンバーありがとう!
音響さん照明さんありがとう!
社長ありがとう!
シダックスホールの皆様、ありがとう!

そしてライブをずっとずっと
たのしみにしてくれて
宣伝、応援し続けてくれて
当日は思い切り楽しんでくれて、
一緒に泣いてくれた、
来れなかった組も
たくさんたくさん思いをくれた、
team moaのみんなへ

ら ぶ ぴ ☆



2019.6.6 内田もあ 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square